踊る!ハシモト研究所

某国公立大学生による勉強メディア!

大学生は「自由」について考え直そう。【書評/14歳からの哲学 考えるための教科書/池田晶子】

大学生は自由だ。 特に文系大学生は。 自由だからこそ道に迷う。 ここでいう「道」とは、マップで表示されるものではなく、日々生きていくための指針のこと。 道に迷ってしまった大学生は、どこに進めばいいかわからなくなる。 ある人は、大学に来ず、遊び呆…

【レビュー】amazarashi/リビングデッド【全ての原因は僕自身だ。言葉を取り戻せ】 

言いたくても、言えなかったことがある。 好きな人への告白。 嫌なものを嫌だと言うこと。 やりたいことをやりたいということ。 これらがどうしても出来ないときがある。 なぜだろう。 それは、自分自身に「検閲」がかけられているからだ。 「検閲」とは、「…

【書評/ナナメの夕暮れ/若林正恭】内向的な人のための処世術。

俺はもしかしたら、若林先生に似ているのかもしれない。 若林先生というのはもちろん、オードリーの若林正恭先生のことだ。 なぜこう思ったのかというと、若林先生の「ナナメの夕暮れ」を読んだから。 ナナメの夕暮れ 作者: 若林正恭 出版社/メーカー: 文藝…

【書評/地球星人/村田沙耶香著】「常識」とは何だ⁉正しい「常識との付き合い方」を考える。

いつからだろう。 「常識」という言葉に嫌悪感を抱くようになったのは。 これが常識だから~☆ とかいう連中が、どうも好きになれない。 そんな時に「コンビニ人間」を読んだ。 衝撃的だった。 その時の書評↓↓ www.dancing-hashimoto-lab.com 芥川賞を受賞す…

自己中心の何が悪い。むしろ自己中心的であれ。

突然の思い付きで、長野に行ってきた。長野の松本という街に。松本は本当にオシャレな街だった。 国宝の松本城がある。 松本城 重要文化財の旧開智学校がある。こちらは、文明開化時代の小学校建築。 小学校には見えない… なんでもない建物だってオシャレに…

大学生は成長しないと死ぬと思うので、「成長」について定義してみる

大学生になり、自分で時間の使い方を選択できるようになりました。 大学は行っても行かなくてもいい。 休みの日は、バイトに行っても、デートに行っても、外国に行ってもいい。 誰と遊んでもいい。 お金も高校生の時より余裕がある。 これほどまでに自由だと…

【書評】『破天荒フェニックス オンデーズ再生物語』挑戦している人への応援歌

挑戦している人はかっこいい。 でも、挑戦することは苦しい。 つらいこともたくさんある。 その苦しさ、つらさを乗り越えられる人になりたい。 そう思っている人にぜひおすすめしたいのがこの1冊。 破天荒フェニックス オンデーズ再生物語 (NewsPicks Book) …

【書評/コンビニ人間 村田沙耶香】俺がおかしいのか!?それともお前らがおかしいのか!?

「普通」とは、なんだ。 普通って何でしょう。 いい大学に行って、サークルに入り、ウェイウェイしたのち、彼女(彼氏)を作り、いい企業に行って、結婚して、死んでいくのが普通なのでしょうか? では、それ以外の人は何なんでしょう? その「それ以外の人…

「死にたい」「消えたい」と思っている人に聴いてほしい。amazarashi名曲3選。

死にたくなること、ありますよね。 死にたくなくても、「この世から消えてしまいたい…」なんて思うこともあります。 僕もその一人でした。 大学から出される課題をこなすだけでも精いっぱいだったのに、バイトリーダーであるがゆえに、たくさんの仕事をこな…

大学受験生に伝えたい。その先の未来について。

このニュースをご存知でしょうか。 thebridge.jp GAFA(大手IT企業 Google・Apple・Facebook・Amazonの総称)の就職窓口が広がりつつあるようです。最近では「Google」「Apple」「Whole Foods(Amazon傘下)」「IBM」「Starbucks」らを筆頭とする企業が、入…

【書評】多読術 松岡正剛

本が好きだ。 本を読むのはもちろん好きだし、何より本屋が好きだ。 知らない駅に降りたら、必ず本屋に寄る。 ただ、そこで実感するのは、 「こんなに読みたい本がたくさんあるのに、自分は全然読めていないなぁ」 ということ。 皆さんは、そんな風に思った…

たった3つ!わかりやすい話をするための技術

人間生きていれば、説明をする機会が訪れます。 でも、説明することって難しいんですよね。 説明する相手は自分ではないんですから。 いくら言葉を尽くしてみても、自分の思いが100%伝わるということはまずありません。 それでも、説明をしなければならない…

【書評】覚悟の磨き方 超訳吉田松陰~「好き」を追求するために必要な力~

窮屈な世の中ですね。 夢を語れば、「意識が高い」と煙たがられ、好きなことを「好きだ」と胸を張って語れない。嫌なものを嫌とも言えません。 こんなことが当たり前の世の中です。 だから、皆が「普通」を追い求める。本当に好きだと思うことができない。 …

夢十一夜

こんな夢を見た。 それはある夜、家に帰った時に起きた出来事。その夜もバイトで疲れ果てていた。いつものように自転車にまたがり、家に帰ってきたその時、事件は起きた。 生ぬるい風が吹いていた。やっと家に帰ってきた。疲れた体をなんとか動かし、家の扉…

【書評】「仕事。」川村元気著 ~12人の巨匠に学ぶ人生観~

「仕事は怠い」 「仕事は疲れる」 という仕事観の人もいれば、 「仕事は楽しい」 「仕事は生きがい」 という仕事観の人もいます。 かく言う私の仕事(バイト)観はこんな感じ。↓↓ www.dancing-hashimoto-lab.com そんなあらゆる仕事観が蔓延する現代、自分だ…