踊る!ハシモト研究所

某国公立大学生による勉強メディア!

自己啓発本の意味について

自己啓発本は意味がないとよく言われる気がする。 自己啓発本に意味を求めてはいけない。 ただ楽しさを求める読書、それが自己啓発本を読むということだ。

田中角栄から学ぶ!【天才】名言3選

「天才」それは、激動の人生を歩んだ田中角栄の物語。

【アイデアを出したい人必見】「考具」は、本当にアイデアを産み出すのか?

アイデアを生み出すための「考具」とは? 本当にアイデアは湧いてくるのか? 実際に試してみた。

【書評/新世界/西野亮廣】信用はフォロワー数ではないよという話。

西野亮廣先生の「新世界」を読みました。 新世界 作者: 西野亮廣 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2018/11/16 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る この中で印象的だった文章があります。 お金を貯めた人間ではなく、信用を貯めた人間が…

自分の思いを伝えるためには?

相手に思いを伝えるための方程式、 「自分の思い×伝え方=相手に伝わったメッセージ」とは?

読書で、かわいい彼女は作れるのか~書評/人生ドラクエ化マニュアル/JUNZO~

「人生ドラクエ化マニュアル」を読んだ。 人生ドラクエ化マニュアル - 覚醒せよ! 人生は命がけのドラゴンクエストだ! - 作者: JUNZO 出版社/メーカー: ワニブックス 発売日: 2015/04/17 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (3件) を見…

ねぇ、ブログの良さっていったい何なの?

いつも「踊る!ハシモト研究所」をお読みいただき、ありがとうございます。 初めてこのブログを訪れていただいた方は、初めまして。今後ともごひいきに。 さて「踊る!ハシモト研究所」ですが、運営を始めてから約3か月が経とうとしています。 とはいえ、PV…

【菜根譚】成長のために必要な5つの知恵

はるか昔に書かれたにも関わらず、現代にまで残っている古典と呼ばれる作品。 それらには、たくさんの時代を乗り越えて語り継がれる知恵が隠されている。 その古典と呼ばれる作品たちの中で、今回は「菜根譚」を読んだ。 菜根譚 (岩波文庫) 作者: 洪自誠,今…

大学生は、演劇も見た方がいい理由【中央大学第二演劇研究会『missing beatz』最速レビュー】

11月15日、中央大学第二演劇研究会の秋公演、『missing beatz』が上演された。 『missing beatz』のあらすじは、 いつの時代も月は明るく人を照らす。 貧乏人も病人も泥棒も殺人鬼も平等に。 ひとつの街の中で錯綜する見栄と虚構と嘘と偽り。 この風で果…

「健常者」も「障がい者」も、本当はいないんだよ。【より良い社会実現のために】

僕は大学で社会福祉を学んでいる。 そこで違和感を覚えることが多々ある。 その一つが「健常者」という呼び方だ。 僕はこの呼び方に嫌悪感を覚える。 なぜなら、健常者と障がい者という区別があるのがそもそもおかしいからだ。 健常者の基準は明らかでない。…

大学生は「自由」について考え直そう。【書評/14歳からの哲学 考えるための教科書/池田晶子】

大学生は自由だ。 特に文系大学生は。 自由だからこそ道に迷う。 ここでいう「道」とは、マップで表示されるものではなく、日々生きていくための指針のこと。 道に迷ってしまった大学生は、どこに進めばいいかわからなくなる。 ある人は、大学に来ず、遊び呆…

【レビュー】amazarashi/リビングデッド【全ての原因は僕自身だ。言葉を取り戻せ】 

言いたくても、言えなかったことがある。 好きな人への告白。 嫌なものを嫌だと言うこと。 やりたいことをやりたいということ。 これらがどうしても出来ないときがある。 なぜだろう。 それは、自分自身に「検閲」がかけられているからだ。 「検閲」とは、「…

【書評/ナナメの夕暮れ/若林正恭】内向的な人のための処世術。

俺はもしかしたら、若林先生に似ているのかもしれない。 若林先生というのはもちろん、オードリーの若林正恭先生のことだ。 なぜこう思ったのかというと、若林先生の「ナナメの夕暮れ」を読んだから。 ナナメの夕暮れ 作者: 若林正恭 出版社/メーカー: 文藝…

【書評/地球星人/村田沙耶香著】「常識」とは何だ⁉正しい「常識との付き合い方」を考える。

いつからだろう。 「常識」という言葉に嫌悪感を抱くようになったのは。 これが常識だから~☆ とかいう連中が、どうも好きになれない。 そんな時に「コンビニ人間」を読んだ。 衝撃的だった。 その時の書評↓↓ www.dancing-hashimoto-lab.com 芥川賞を受賞す…

自己中心の何が悪い。むしろ自己中心的であれ。

突然の思い付きで、長野に行ってきた。長野の松本という街に。松本は本当にオシャレな街だった。 国宝の松本城がある。 松本城 重要文化財の旧開智学校がある。こちらは、文明開化時代の小学校建築。 小学校には見えない… なんでもない建物だってオシャレに…

大学生は成長しないと死ぬと思うので、「成長」について定義してみる

大学生になり、自分で時間の使い方を選択できるようになりました。 大学は行っても行かなくてもいい。 休みの日は、バイトに行っても、デートに行っても、外国に行ってもいい。 誰と遊んでもいい。 お金も高校生の時より余裕がある。 これほどまでに自由だと…

【書評】『破天荒フェニックス オンデーズ再生物語』挑戦している人への応援歌

挑戦している人はかっこいい。 でも、挑戦することは苦しい。 つらいこともたくさんある。 その苦しさ、つらさを乗り越えられる人になりたい。 そう思っている人にぜひおすすめしたいのがこの1冊。 破天荒フェニックス オンデーズ再生物語 (NewsPicks Book) …

【書評/コンビニ人間 村田沙耶香】俺がおかしいのか!?それともお前らがおかしいのか!?

「普通」とは、なんだ。 普通って何でしょう。 いい大学に行って、サークルに入り、ウェイウェイしたのち、彼女(彼氏)を作り、いい企業に行って、結婚して、死んでいくのが普通なのでしょうか? では、それ以外の人は何なんでしょう? その「それ以外の人…

「死にたい」「消えたい」と思っている人に聴いてほしい。amazarashi名曲3選。

死にたくなること、ありますよね。 死にたくなくても、「この世から消えてしまいたい…」なんて思うこともあります。 僕もその一人でした。 大学から出される課題をこなすだけでも精いっぱいだったのに、バイトリーダーであるがゆえに、たくさんの仕事をこな…

大学受験生に伝えたい。その先の未来について。

このニュースをご存知でしょうか。 thebridge.jp GAFA(大手IT企業 Google・Apple・Facebook・Amazonの総称)の就職窓口が広がりつつあるようです。最近では「Google」「Apple」「Whole Foods(Amazon傘下)」「IBM」「Starbucks」らを筆頭とする企業が、入…

【書評】多読術 松岡正剛

本が好きだ。 本を読むのはもちろん好きだし、何より本屋が好きだ。 知らない駅に降りたら、必ず本屋に寄る。 ただ、そこで実感するのは、 「こんなに読みたい本がたくさんあるのに、自分は全然読めていないなぁ」 ということ。 皆さんは、そんな風に思った…

たった3つ!わかりやすい話をするための技術

人間生きていれば、説明をする機会が訪れます。 でも、説明することって難しいんですよね。 説明する相手は自分ではないんですから。 いくら言葉を尽くしてみても、自分の思いが100%伝わるということはまずありません。 それでも、説明をしなければならない…

【書評】覚悟の磨き方 超訳吉田松陰~「好き」を追求するために必要な力~

窮屈な世の中ですね。 夢を語れば、「意識が高い」と煙たがられ、好きなことを「好きだ」と胸を張って語れない。嫌なものを嫌とも言えません。 こんなことが当たり前の世の中です。 だから、皆が「普通」を追い求める。本当に好きだと思うことができない。 …

夢十一夜

こんな夢を見た。 それはある夜、家に帰った時に起きた出来事。その夜もバイトで疲れ果てていた。いつものように自転車にまたがり、家に帰ってきたその時、事件は起きた。 生ぬるい風が吹いていた。やっと家に帰ってきた。疲れた体をなんとか動かし、家の扉…

【書評】「仕事。」川村元気著 ~12人の巨匠に学ぶ人生観~

「仕事は怠い」 「仕事は疲れる」 という仕事観の人もいれば、 「仕事は楽しい」 「仕事は生きがい」 という仕事観の人もいます。 かく言う私の仕事(バイト)観はこんな感じ。↓↓ www.dancing-hashimoto-lab.com そんなあらゆる仕事観が蔓延する現代、自分だ…

社会福祉を学ぶ大学生が実習で学んだ!メディカルソーシャルワーカーのお仕事とは??

少子高齢化が進み、AIの進出により不安定が加速する現代社会。 そんな時代の中、病院で患者さんにとって一番良いケアを提供するため戦っている人がいます。 それが、メディカルソーシャルワーカーです。 メディカルソーシャルワーカーは病院にとって、社会に…

夢をバカにする・非難する奴ってなんなの?【クラウドファンディングから考えてみた】

夢に向かって頑張っている人が一番かっこいい。 そう思いませんか? しかし、世の中では夢を見る人に対して「現実を見ろよ」とか「意識高いね~(笑)」など非難の嵐。 そんな非難の嵐の中でも、夢の実現に向けて頑張っている人がいる。 僕はそんな人たちを応…

僕は、バイトで日本を変えようと思う。【笑いたければ笑え】

アルバイトをする理由 ハシモトのアルバイト観 バイトにだって、日本を変えられる力がある! あなたの信念はなんですか? 大学生でアルバイトをしている人は多いですよね。 実際、大学生のアルバイトの就労率は71.7%(第53回学生生活実態調査より) ほとん…

【未来が不安な人へ】未来を生き抜くための5つの知恵

AIの登場や少子高齢化など、様々な要因で未来が全く見えない現代。そんな時代の日本で生きるのはとても不安ですよね。 10年後の仕事図鑑 作者: 堀江貴文,落合陽一 出版社/メーカー: SBクリエイティブ 発売日: 2018/04/05 メディア: 単行本 この商品を含むブ…

聴き手の数でプレゼンは変わる!ケース別プレゼン対策!【プレ検1級への道vol.03】

プレゼンがうまい人はいつも何をやっているのでしょうか。 プレゼンにおいて最も大切なことは、準備です。 プレゼンにおける準備とは「聴き手を分析すること」でした。(詳しくは前回記事参照↓↓) www.dancing-hashimoto-lab.com 今回は、聴き手の「人数」を…