踊る!ハシモト研究所

某国公立大学生による勉強メディア!

夢を叶えるために、たった1つだけ意識したいこと。

f:id:puobu:20180901180441j:plain

どもども!ハシモトです。

皆さんには「やりたいこと」がありますか?
しがない文系大学生の僕は、つい最近になってやっと見つけました!

僕のやりたいこと、それは「表現する」ことです。

ブログで発信すること
プレゼン能力をみがくこと

この2つを通して、自分の考えや学んだことを表現したいと思っています。

皆さんの「やりたいこと」は何ですか?

僕の周りにもやりたいことを頑張っている奴がいます。

バンド活動に命を懸けている友人、スポーツに全力で取り組んでいる奴、演劇の準備で忙しくて死にそうな人…

そいつら一人一人がめちゃめちゃ輝いて見えます。

しかし、その中で成果を残せるような人は一握り。
せっかく頑張っているなら成果を残したいと僕は思います。

その「成果を残す方法」を知っている人は、やりたいことをやっている奴にいるでしょうか?

…残念ながら多くはないと思います。
もちろん自分も知りませんでした。

しかし、ある1冊の本を読んでヒントを得られたのです。

それがコチラ!

 

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

 

 うさんくせーなーと最初思っていました。
しかし、読んでみると成功法則が満載の1冊だったのです!

この本から得られた「どうすれば今頑張っていることの成果が出るのか」を紹介します!

今頑張っていることの成果を出すには

f:id:puobu:20180901180559p:plain

本書では、

「人々が自分に対して持っている、自分に都合のいい思考の錯覚」は、一種の資産として機能する

 と定義し、この資産のことを『錯覚資産』と呼びます。

たとえば、最近はやりの「インフルエンサー」などは多大な錯覚資産の持ち主です。
「フォロワー○○人!」「起業!」
という看板がその人の発信力をさらに強化させ、大したことを言っていないのに凄いことを言っているように感じてしまいます。
これは錯覚資産の仕業です。

このように、錯覚資産を増やす事こそが頑張っていることの成果を出すカギだと筆者は言います。

では、どうすれば錯覚資産を増やせばいいのか。
筆者は2つのことを提案します。
それは

①自分がどういうポジションなら力を発揮できるかの、具体的なイメージを相手にインプットするほうがいい
②出来るだけ多くの人が、自分のことを「思い浮かびやすく」しておく

 ということです。

この2つからいえること。
それは、
自分の得意分野があるならば、それを「見える化」して「発信」しよう!
ということです。

いくら得意なことがあっても、それと違うことをさせられては自分の力は発揮できません。

いくら泳ぐのが速いマグロでも、地上では全く速く走れないのと同じ。

また、いくらすごいことができても、そのことを人が知らなければ成果は出ません。

無人島で100kmマラソンをしても、だれも褒めてくれないのと同じです。

つまり、頑張っていることの成果を出すには、
得意分野の「見える化」と「発信」が必要なんです。

「見える化」と「発信」この二つができれば、「錯覚資産」は増えていきます。

そして、頑張っていることの成果が表れ始めます。
つまり、成果が欲しいのならば、「見える化」と「発信」を意識して頑張ることが大切だってことですね!

ハシモトの場合

ハシモトのやりたいことは「表現すること」
それを「見える化」するために、
プレゼンテーション検定1級を目指します!

また、このブログを通して「発信」していこうと思います。

プレゼンテーション検定1級までの道のりも発信していきます!

頑張るぞぉぉぉぉ!

頑張っていることがある皆さんに、この記事が少しでも役に立てればいいなと思っています。

それでは!