踊る!ハシモト研究所

某国公立大学生による勉強メディア!

まだインスタで消耗してるの?

どもども!ハシモトです!

今日は、ヤホー!で調べてきたんですけど
皆さんインスタグラムって知ってますか?

いやー流行ってますよねインスタグラム!

何時代の人?って質問が来そうですね笑

正直に言っていいですか?

僕にはインスタグラムが理解できません!!!
(ちっくとっくなんてもってのほか)

だって、インスタグラムを使ってる人って
ただ、自分のリア充っぷりをアピールしてるだけじゃないですか!

…ちょっと言いすぎましたね。

でも、こんな人って多いと思うんです。

f:id:puobu:20180904142830p:plain

「ナイトプール行ってきた~インスタ蠅~~~ぐふふ」

f:id:puobu:20180904142851p:plain


「マジでスウィーツおいしいぃ~蠅~」

なんかお菓子に蠅がたかってるみたいですね…

いやマジで理解できん!

それに、友人になんでインスタやってんの?って聞くと、
ほとんどの人が、

「みんなやってるからぁ」

とか

「みんなの生活がわかるからぁぁぁぐふふ」

とか言うんですよ。

いや、みんなの生活が分かってどうすんねん。
マーケットの分析とかをするんでしょうか。
そうでもなければ、誰でもストーキングするストーカーにしかみえません。

ご覧の通り、完全に僕はアンチ・インスタです。

なぜなのか、説明させてください。

比較の中からしか生まれない幸福は不幸である

f:id:puobu:20180904143101j:plain

インスタをやっている人の中には、
自分のリア充生活を見せびらかして幸福感を得ている人がいるのではないでしょうか。

少なくとも、自分の生活が非リアでないことを証明するためにインスタに写真を投稿している人が多いように感じます。

これらは、
他人と比較して自分が幸福であることを確認する行為
です。

比較から生まれた幸福とでもいいましょうか。

ぶっちゃけ比較の中から生まれた幸福は、不幸です。

だって、上には上がいるんですもん。

自分の彼氏がどれだけかっこよくたって、それよりイケメンな男子は山ほどいます。

今どれだけおいしいお菓子・見バエがいいお菓子を食っていたとしても、一流パティシエが作ったお菓子にはかなわないかもしれません。

このように、比較の中から生まれた幸福は上を見た瞬間に一気に瓦解します。
それほど不安定なものなのです。

「比較の幸福生み出すだけのもの」それが大半の人にとってのインスタグラムだと思います。

主体的な発信をしよう

でも、中には本当の幸福をインスタから生み出している人もいます。

それはどんな人か。

ずばり、
「主体的な発信をしている人」
でしょう。

主体的な発信をしている人とは、自分の好きなものや事を発信するためにインスタを使っている人のことです。

このような人は、他人と比較をするためにインスタを使っているわけではない。

むしろ、自分の楽しみのためにインスタを使えています

このような使い方が正しいインスタの使い方だと思うのです。

本来、インスタは「発信するための道具」でした。
道具は「使う」ためのものです。

しかし、インスタに「使われている」人が多い。
比較の幸福に飲み込まれてしまった人たちです。

反対に、インスタを「使っている」人たちがいます。
それが、主体的な発信をしている人たちです。

あなたはどちらの人間でしょうか?
どちらの人間になりたいですか?

最後に、僕の心に刻んでいる言葉を紹介します。

誰かと比べたり、何かの勝負に勝ったりして生まれるのは、自信でなくて優越感

優越感というウイルスに自信を乗っ取られないでほしい

 これは、植松努さんという方の本に出てきた言葉です。

インスタで得られるものが比較の幸福・優越感だけにしてしまうのか?

それとも、自分の好きな事を発信して、良き道具として使うのか?

あなたにかかっているんですよ。

僕はこの選択をするのがめんどくさくて、インスタを始めるという選択を放棄しちゃいましたけどね笑

主体的な発信をしましょう。

優越感というウイルス」に感染してしまう前に。

 

「どうせ無理」と思っている君へ 本当の自信の増やしかた

「どうせ無理」と思っている君へ 本当の自信の増やしかた