踊る!ハシモト研究所

某国公立大学生による勉強メディア!

プレゼンは準備が8割!【プレ検1級への道 vol.2】

プレゼン成功の秘訣、それは聞き手分析だ!

皆さんは会社や学校でのプレゼン、上手くいってますか?

プレゼンがうまくいかずに悩んでいる人も多いと思います。

では、プレゼンを成功させるためにはどうすればいいのでしょう。

プレゼンを成功させる秘訣、それは
聞き手を把握・分析することです。

では、どのようにすればいいのでしょうか。

まずは、聞き手を把握しよう

プレゼンの原稿を書き始める前に、まずは聞き手の把握をしましょう。

聞き手の把握とは!

聞き手の把握とは、次の3点を把握することです。

  1. 聞き手は誰か
  2. 聞き手はなぜ集まってくるのか
  3. 聞き手はあなたから何を聞きたがっているのか

これらを把握することが大切です。

例えば、

聞き手が学者の先生だったら?
その時に用語の基礎から説明したら、学者の先生は寝落ちするでしょう

聞き手が、学者の先生の話を聞きに集まったのに、素人が話し出したら?
聞き手は、話し手が話し出した瞬間に帰りたくなりますよね。

聞き手が、あなたから仕事のノウハウを聞きたいのに、おいしいラーメン屋の話をし始めたら?
聞き手はあなたに殺意を覚えるでしょう。

このように、聞き手の把握をしなければ、悲劇が起こります。

悲劇を避けるために、まずは聞き手を把握しましょう。

しかし、聞き手を把握するだけでは、プレゼンを成功に導くことはできません。
もっと詳しく分析する必要があります。

聞き手を分析しよう

聞き手の把握をして、どんな聞き手が来るかぼんやりと分かってきたはずです。

それでは、次にさらに細かく聞き手の分析をしましょう!

聞き手の分析とは!

聞き手の分析とは、以下の5点を分析することです。

  1. 聞き手の数
  2. 聞き手の属性
  3. 聞き手の知識
  4. 聞き手のポジション
  5. 聞き手の課題

これらを分析していきましょう。

聞き手は大人数なのか?少人数なのか?

聞き手は男?女?

聞き手は素人?学者?

聞き手はあなたに賛成派?反対派?

聞き手が抱えている課題は何だ?

などなどこれらを分析していきましょう。

まとめ

プレゼンの目的とは何でしょうか。

自分で気持ちよく語るためなのでしょうか。

違いますよね。

プレゼンの目的は、あなたの話を聞いて、聞き手が行動を起こすことです。

どんなに感動的なプレゼンをしたとしても、聞き手が行動に移さなければそれは成功とはいえません。

聞き手が行動に移すようになるためには、あなたが聞き手を理解することが必要です。

そして、相手のニーズを正確に把握し、行動に移したくなるようなプレゼンをしなければなりません。

そのためには、聞き手の把握・分析が必要なのです。

次回は、分析のケース別にプレゼン方法をまとめていこうと思います。

では、また次回!