踊る!ハシモト研究所

某国公立大学生による勉強メディア!

夢をバカにする・非難する奴ってなんなの?【クラウドファンディングから考えてみた】

 夢に向かって頑張っている人が一番かっこいい。

そう思いませんか?

しかし、世の中では夢を見る人に対して「現実を見ろよ」とか「意識高いね~(笑)」など非難の嵐。

そんな非難の嵐の中でも、夢の実現に向けて頑張っている人がいる。

僕はそんな人たちを応援したい!

というわけで、人生で初めて、クラウドファンディングでパトロンになりました。

クラウドファンディング?パトロン?

クラウドファンディングとは

ある目的、志などのため不特定多数の人から資金を集める行為、またそのためのネットサービスのこと。大衆(crowd)と財政的支援(funding)を組み合わせた造語であり、ソーシャルファンディングとも呼ばれる

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%89%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0 参照

 パトロンとは

パトロン(英: patron)とは、後援者、支援者、賛助者、奨励者、または特権を持つ人や財政支援をする人をいう。現代でのパトロンは、必ずしも金銭援助に限るわけではなく、パトロンの人脈や影響力によって貢献するケースもある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%B3 参照

つまり、「クラウドファンディングでパトロンになる」とは、

夢に向かって頑張っている人に、専用のサイトを通して、支援をする人になる

ということです!

夢について

前回の記事で自分の夢を語らせていただきました。

www.dancing-hashimoto-lab.com

この記事での僕の夢は「バイトで日本を変えること」 

実は僕の夢、まだまだあります。

プレゼン1級を取得して「話し手」になりたい、ライターになりたい、日本一周したい…

これらの実現に向けて日々精進を重ねているところでございます。

僕は「夢」を持ってから、日々の生活が変わりました。

生きるのが、ちょっとだけ楽しくなったんです。

だから、夢を持っていること・やりたいことがあるというのは、人生において必要なんだと実感しています。

だから、今回クラウドファンディングでプロジェクトを支援させていただいたんです。

今回支援したプロジェクトはコチラ↓

camp-fire.jp

ぜひ、夢を叶えてほしいです!!

夢をバカにするやつ・非難する奴ってなんなの?

このプロジェクトを実行する方々のように、夢に向かって頑張っている人は格好いい!

しかし、その裏には必ず非難する人がいます。

自分の金で行けよ」とか

現実見ろよ」とか。

二言、言わせてください。

だせぇんだよ!お前が実現できなかった事を、人が実現しているからって足引っ張ってんじゃねえよ。

このような批判をする人って、実際に夢を持って頑張っていない人だと思うんです。

心の中では、夢を持って頑張っている人を妬んでいる。

夢を持たない自分を正当化するために、夢を持っている人を「悪」だとしてしまうんです。

だから、夢を持っている人を批判する。

でも、その姿って何よりもダサいんですよね。

そんな人にはなりたくありません。

夢を笑うやつはダサい

少し前にも、近畿大学の学生がクラウドファンディングをして、炎上したという事件がありました。

www.j-cast.com

彼らも、本来は夢を持って頑張っていたはずです。

しかし、炎上によってプロジェクトは閉鎖。

批判によって、彼らの夢はついえてしまったのです。

この批判をしていたのも、夢を持てないクソだせぇ奴らだったのでしょう。

夢を笑ったり、批判するのではなく、応援する人がたくさんいる社会。

そんな社会になってほしいと思います。

その実現のために、まずは自分から夢を応援できる人になりたい。