踊る!ハシモト研究所

某国公立大学生による勉強メディア!

大学生は成長しないと死ぬと思うので、「成長」について定義してみる

大学生になり、自分で時間の使い方を選択できるようになりました。

大学は行っても行かなくてもいい。

休みの日は、バイトに行っても、デートに行っても、外国に行ってもいい。

誰と遊んでもいい。

お金も高校生の時より余裕がある。

これほどまでに自由だと、逆に何をしたらいいかわからなくなります。

大学生は何をすればいいんだろう…。

そう考えた時に出てきた答えが「成長」でした。

大学生は社会に出るまでの準備期間だ。

大学時代にテキトーな事をやった奴らは社会にでて、いろんな意味で死んでいる。

自分のしたくない仕事をしたり、ブラック企業にハマったり…

望んだように生きられないなら、死んでんのと同じだ。

俺は死にたくない!

死なないために「成長」につながることをやろう!

でも、成長とは一体何ぞや?

成長とは

f:id:puobu:20181030011410j:plain

成長は方程式によって定義できることが分かりました。

成長方程式と名付けます。

その成長方程式とは、

成長=内面的世界の拡大×外面的世界の拡大

というものです。

これから、

内面的・外面的世界とは何か、
なぜ「内面的世界×外面的世界=成長」なのか、
どうすれば成長できるのか

を説明します。

内面的世界・外面的世界とは

内面的世界とは、自分の頭の中のイメージや考え、知識のことです。

外面的世界とは、自分の頭や体の外に広がっている現実世界のことです。

これらの内面的世界・外面的世界のそれぞれが拡大し、掛け合わさることで成長できます。

つまり、自分の頭の中のイメージや考え・知識の幅が広がり、様々な現実世界を体験することで成長できるということです。

内面的世界の拡大×外面的世界拡大=成長

では、なぜ内面的世界の拡大と外面的世界の拡大を掛け合わせると成長につながるのでしょうか。

それは、内面的世界と外面的世界は密接につながりあっていて、影響し合っているからです。

たとえば、野球上達を目指す初心者の少年がいたとしましょう、

その野球少年が野球をうまくなるために、ルールを学び、投球術などを本で学びます。

しかし、それだけで野球は上達するでしょうか?

上達するはずがありませんね。

実際に練習しなければ野球は上手くなりません。

反対に、キャッチボールやバッティング練習だけをしていて、ルールを学ばなければ、野球をすることはできません。

また、投球術などの理論を知らずにただがむしゃらに練習をしても、上達することは厳しいでしょう。

逆に、野球理論を勉強しながら練習をすれば、飛躍的な上達も可能です。

このように、野球の練習では知識の吸収と練習が上達のカギとなります。

同じことが成長にも言えるんです。

成長する(=野球の上達)ためには

自分の頭の中のイメージや考え・知識の幅が広げ(=野球理論を学ぶ)

様々な現実世界を体験する(=練習する)ことが大切ということです。

また、野球理論を学ぶだけでは上達することができなかったり、何の知識もなく練習するだけでは上手くなることは困難です。

同じように、内面的世界の拡大と外面的世界の拡大はどちらが欠けても成長はできません。

どちらかが0であれば、成長は0。

だから、内面的世界の拡大と外面的世界の拡大は掛け算なんです。

 掛け算だから、たくさんのイメージや知識を持っていれば、たった一つの経験でも飛躍的に成長することができます。

掛け算だから、色々な経験をしていると、何かを学ぶことは簡単です。

掛け算だから、間違った知識を持っていれば(=内面的世界がマイナスな状態)、どんないい経験をしても、成長するどころか間違った方向に進んでしまいます。

だから、

成長=内面的世界の拡大×外面的世界の拡大

なんです。

内面的世界の拡大をするには

内面的世界の拡大とは、自分の頭の中のイメージや考え、知識の幅を広げるということでした。

この実現のためには、様々な人の考えに触れるということが大切です。

読書、人の話を聞く、学校に通うなどがその一例。

この中でも、最もコスパがいいのが読書です。

話を聞きに行くのは労力がかかるし、自分の知りたい情報ではないかもしれません。

それに対して、読書は本を読むこと自体には労力はかからないし、面白くないと思ったら、途中で読むことをやめることができます。

読書を中心として、様々な人の考えに触れることで、内面的世界を拡大することができます。

外面的世界を拡大するためには

外面的世界の拡大とは、自分の頭や体の外に広がっている現実世界を広げることでした。

この実現のためには、経験することが最も大切な事です。

旅行にでて、異国情緒を経験する

バイト・インターンで「働く」ことについて経験する

など、様々な経験をすることが外面的世界の拡大につながります。

成長するための秘密兵器

f:id:puobu:20181030011657j:plain

内面的世界の拡大と外面的世界の拡大のための方法を見てきました。

ここで、さらに成長を加速するための秘密兵器をご紹介します。

それが、「アウトプット」です。

アウトプットとは、自分の考えや経験を何らかの媒体で発信することを指します。

なぜ、アウトプットが成長するための秘密兵器なのか。

それは、

アウトプットすることが、内面的世界と外面的世界をつなぐ架け橋になるから

です。

内面的世界と外面的世界には頭の中と外という隔たりがあります。

この隔たりを文字や声・映像などの形で、一度超える。

そして、外面的世界に応用させやすくするのです。

これがアウトプットの役割です。

アウトプットは、ブログをはじめ、youtubeなど様々な媒体で行うことができます。

最近ではこのような本も売れているようです。

 

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

 

 

アウトプットをすることで、内面的・外面的世界の拡大の速度を速め、より効率的に成長することができます。

まとめ

成長=内面的世界の拡大×外面的世界拡大

というわけで、成長するために、読書・経験・アウトプットをしていこうと思っています。

あなたにとっての成長とはなんですか?