踊る!ハシモト研究所

某国公立大学生による勉強メディア!

自己中心の何が悪い。むしろ自己中心的であれ。

突然の思い付きで、長野に行ってきた。
長野の松本という街に。
松本は本当にオシャレな街だった。

国宝の松本城がある。

f:id:puobu:20181031215817j:plain

松本城

重要文化財の旧開智学校がある。
こちらは、文明開化時代の小学校建築。

f:id:puobu:20181031220438j:plain

小学校には見えない…

なんでもない建物だってオシャレに見える。

f:id:puobu:20181031220854j:plain

f:id:puobu:20181031220902j:plain

寺社仏閣も超キレイ

f:id:puobu:20181031220950j:plain

深志神社

そんな松本という街のはずれに、ひっそりとたたずむ場所がある。
浅間温泉」だ。
松本平の奥座敷」なんて呼ばれてる。

松本からのアクセスはバスで1時間弱ぐらい。
車があれば行きやすいんだろうけど、車の無い僕にとってはとても行きにくい場所だった。
流石は奥座敷。

それでも温泉は最高。
肌が4~5歳若返った気分だ。

そんな温泉につかりながら考えた。

自己中心的であれ」と。

人間なんてちっぽけだ

地球は常に動いていて、内に莫大なエネルギーを秘めており、温泉や地震でたくさんの人々を癒したり殺したりしている。

それに比べて人間はどうだ。
自分自身の生活を送るのに必死で、ほかの人など助けていない。
影響など与えていない。
助けられていたとしても、せいぜい数十人だろう。

そんな僕らに一体何ができるというのだ。

誰かを救いたい。助けたい。

社会のタメになりたい。

そう願うのは正しいことだし、素晴らしい。
でも、僕らにできることはあまりにも少ない。

だから、他人のタメ・社会のタメでなく、自分のタメに生きてみようぜ。
他人のタメ・社会のタメだけにやってるだけじゃ自分の無力さに絶望するよ。

だって、あなたも僕も、たった一人の人間なんだから。

僕らにできることはあまりにも少ない。

出来ることと言えば、自分を満足させること。自分を自分で救うこと。

だから、自己中心的であれ。
自己中心の何が悪い。

自己中心を笑うヤツは、自分の無力さに泣く。

他者を救うのは、自分を救ったその後だ。